防災・緊急情報 地震

慌てず行動することが安全の為の第一歩。地震直後の津波情報にも耳を傾けてください。

1:落ち着いて身の安全を確保する

テーブルや机の下に身を隠すなどして、まずは自分の身を守ってください。

2:あわてず冷静に出火を防ぐ

使用中の火を素早く消しガスの元栓を閉める。もしも火が出たら隣近所に協力を呼びかけ、落ち着いて消化にあたりましょう。

3:窓や戸を開け出口を確保する

建物のゆがみで戸が開かなくなる事があるので、出口の確保は確実に行いましょう。

4:停電後の通電火災を防ぐ

避難で家を空ける時は、電気プラグを全て抜いておき、通電した際の漏電や倒れた電気ストーブなどによる出火を予防しましょう。

5:慌てて外に飛び出さない

落下物や建物の倒壊など外には危険がいっぱいです。周囲の状況をよく確かめ、落ち着いて行動しましょう。

6:避難は徒歩で持物は最小限に

非常用品はリュック等に入れて一つにまとめておき、避難するときにはエレベーターや自動車は使用しないようにしましょう。

7:狭い路地、塀ぎわ、川べりは要注意

狭い路地や塀ぎわでは、堀や自販機の倒壊、瓦の落下など危険が多いので遠ざかりましょう。川べりや崖は崩れる恐れがあるので近づかないようにしましょう。

8:山崩れ、崖崩れ、津波に注意

危険のある地域では早めに避難し、救助員の指示に従ってすみやかに行動しましょう。

9:正しい情報、正しい行動

うわさやデマに惑わされないよう、ラジオやテレビなどで正しい情報を把握しましょう。

10:避難は早めに、協力しながら…

お年寄りや体の不自由な人に声をかけ、ケガ人の手当など、みんなで助け合い早めに避難しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 行政係
〒905-0492 沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地

電話番号:0980-56-2101

更新日:2019年05月15日