新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行等について(令和4年1月11日更新)

2021年12月20日から、海外用の接種証明書に加えて、日本国内用の接種証明書の発行申請も可能になりました。

申請方法は、電子申請(スマートフォンアプリ)・窓口申請の2通りの方法があります。

以下、申請前に必ず確認をお願いします。

 

(1)海外用の接種証明書の申請では、パスポート(旅券)が必要になります。

・海外用の証明書は、国内用としても使用できます。

パスポート(旅券)の申請は、村役場住民課で行ってください。(住民課 電話:0980-56-2102)

 

(2)電子で証明書を発行する際には、マイナンバーカードが必要になります。

マイナンバーカードの申請は、村役場住民課で行ってください。(住民課 電話:0980-56-2102)

 

(3)接種証明書アプリは、デジタル庁のホームページでご案内しています。

・電子で証明書を取得する際には、マイナンバーまたはパスポートを利用しますので、デジタル庁のホームページから「接種証明書アプリ」をダウンロードすることをオススメします。偽物のアプリにはご注意ください。

〇デジタル庁のホームページ(URL:https://www.digital.go.jp/policies/posts/vaccinecert

 

(4)接種証明書アプリを取得したら、以下の「接種証明書アプリの利用の流れ」を参考に接種証明書の発行手続きを行ってください。

〇接種証明書アプリの利用の流れ(JPEG:159.9KB)

 

(5)窓口申請は、今帰仁村保健センターで受け付けています。(郵送申請可)

・窓口申請では、紙の接種証明書(海外・国内)を発行します。接種履歴等の確認が必要なため、即日の発行ができない場合がありますので、時間に余裕をもって申請してください。

※郵送で接種証明書の受け取りをご希望の方は、返信用封筒をご準備ください。

 

(6)窓口申請の必要書類は以下のとおりです。

1.新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書

2.本人確認書類

3.接種済証または接種記録書の写し

※代理での申請には委任状が必要になります。

〇新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(Excelファイル:36.6KB)

〇委任状(Wordファイル:13KB)

 

(7)日本国内では、接種後に返却された接種済証でも接種した証明書になります。

・接種済証を紛失したことによる再発行依頼の問い合わせが増えています。接種した証明書になりますので、お薬手帳や母子手帳等に挟むなど、大切に保管してください。

 

(8)今帰仁村へ転入する前に「1・2・3回目」の接種を行った場合は、転入前の市町村で接種証明書の発行手続きを行ってください。

・それぞれの市町村(電子の場合は、市町村を選択)で接種証明書を発行する必要があります。

 

【注意】

接種証明書に関しては、ワクチン接種機関(ワクチン接種登録機関)等がワクチン接種記録システム(VRS)へ登録を行うことで、接種証明書の発行が可能になります。そのため、登録状況によっては、接種から接種証明書の発行までに期間を要する場合がありますので、ご了承ください。

また、1回目または2回目接種証明書の発行後、2回目または3回目接種を行った方で、更新された接種記録が必要な方は、新たに接種証明書発行の手続きが必要になります。

 

【問い合わせ先】

〒905-0492  沖縄県国頭郡今帰仁村字玉城163-2

今帰仁村保健センター  0980-56-1234

 

更新日:2022年01月11日