沖縄県 今帰仁村 ムラ・人・農が織りなすゆがふむら・今帰仁
トップ 新着情報 村の概要 暮らしの手帳 世界遺産 観光情報 イベント情報
<<前のページに戻る
サイトマップ   サイト内検索
 
文字の大きさ: 文字のサイズを大きくします 文字のサイズを標準にします 文字のサイズを小さくします
総合案内
       
村長あいさつ 村長あいさつ
防災・防犯・緊急情報 防災・緊急情報
・災害に備える
・防災マップ
・風水害 ・地震 ・津波
>>警報・注意報(気象庁)
>>不審者情報(県警)
住民へのお知らせ 住民へのお知らせ
広報誌 広報誌
公共施設 公共施設
総合運動公園 総合運動公園
今帰仁村例規集 今帰仁村例規集
統計資料 統計資料
リンク集 リンク集
今帰仁村議会 今帰仁村議会
各課のご案内 各課のご案内
・総務課
・住民課
・福祉保健課
・経済課
・農業委員会
・建設課
・教育委員会
・歴史文化センター・文化財
>>役場組織図
  住民へのお知らせ
農がおりなすゆがふむら“なきじん”を応援してください
■農が織りなすゆがふむら「今帰仁村」を応援してください。
 今帰仁村は青い海と緑深い山々に囲まれ、乙羽岳の裾野には肥沃な平地が広がり、その大地を流れる河川や海岸線の白浜、さらにサンゴ礁に縁取られた豊穣な海といった豊かな自然が美しい田園風景をつくり、それが「ふるさとなきじん」への愛着心を育む大切な資源となっています。
 また、沖縄本島北部で唯一世界遺産に登録された今帰仁城跡を有し、琉球の三山てい立時代には、沖縄本島北部一帯(やんばる)の政治、文化、経済の拠点として栄えてきました。

 この長い歴史と緑豊かな自然環境を基軸に「自然と歴史とロマンに満ち躍動するむら」づくりの実現に努力してきました。さらに第三次基本計画では、豊かな自然環境を活かし、農の持つ「やさしさ」「恵」「多面的な機能」をむらづくり全般に活かし、農業そのものを基軸としたうるおいある生活環境の構築と、商工観光など関連産業の体系化・複合化を着実に積み上げ、「農がおりなすゆがふむら」を将来像に位置づけ、特色あるむらづくりの実現に努力しています。

▼ふるさと寄附金(納税)制度について
 平成20年4月30日に公布された地方税法等の一部改正により、個人住民税の寄附金税制の拡充が図られ「ふるさと納税制度」が創設されました。
 この制度は、都道府県・市区町村へ寄附(適用下限額2,000円)をした場合、お住まいの市町村の住民税が軽減されるもので、あなたが応援したいと思う気持ちを寄附というかたちで貢献することができる制度です。

▼今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附金について
 今帰仁村では、この「ふるさと納税制度」の創設を機に「今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附条例」を制定し、今帰仁村を応援したい、今帰仁村のむらづくりに貢献したいという皆さまから広く寄附を募り、寄附金を財源としたむらづくり事業を実施することで、多様な人々の参加による個性あるむらづくりを推進してまいります。

今帰仁村は、皆さまの応援を心よりお待ちしております。

▼皆さまからの寄附金は、「今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援基金」に積み立て、次のような事業に充てられます。
 (1)産業の振興及び魅力ある観光地づくりに関する事業
 (2)自然環境の保全及び景観の維持、再生に関する事業
 (3)教育、文化、スポーツ活動の充実に関する事業
 (4)村民の健康増進及び福祉の向上に関する事業
 (5)村民によるむらづくり活動の推進に関する事業
 (6)その他目的達成のために村長が必要と認める事業

 ○今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附条例:PDFファイル(90KB)



▼寄附金の申込方法について
 今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附の趣旨にご賛同いただき、寄附を申し出たい方は、下記より「応援寄附申込書」をお取り寄せいただき、必要事項を記入のうえ、電子メールかファックス、または、郵送にて今帰仁村役場宛て送付してください。電話、ファックス、封書にてお申し込いただく場合は、役場総務課から寄附者へ「応援寄附申込書」を送付いたします。申込書が届きましたら、必要事項を記入のうえ、今帰仁村役場宛て送付しください。

 ○応援寄附申込書:PDFファイル(80KB)

 ○応援寄附申込書:WORDファイル(35KB)

【寄附申込書の送付先】
郵便番号 905-0492
沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地
今帰仁村役場 総務課 ふるさと寄附金担当宛
電話番号0980-56-2101
FAX番号0980-56-4270
電子メールアドレス:
※メールを送る際は、お手数ですが、「アットマーク」を「@」へ変えて送信してください。

ワンストップ特例制度について

寄附金受領証明書(領収書)の送付時期について




▼寄附金の状況について


>>今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附者一覧

>>今帰仁村うるおいと安らぎのむらづくり応援寄附金による実施事業について
     
 



応援寄附申込書の受付後、寄附者へ「応援寄附納入案内書」を送付しますので、お手数ですが、最寄の金融機関にてお振込みください。役場より寄附金受領書(領収証)を送付いたします。
 なお、振込手数料等については、誠に申し訳ございませんが、寄附者の負担となりますので予めご了承ください。
 その他、現金書留や直接窓口での手続きも行っております。これらが困難な場合、本島内であれば、こちらから直接お伺いいたしますので、その旨お伝え下さい。

 所得税の税額控除を受けるには、市町村発行の寄付金の領収証を添付し、管轄の税務署での確定申告が必要となります。税務署で確定申告された方は、お住まいの市区町村での申告の必要はありません。確定申告をされない方は、お住まいの市区町村で住民税の申告を行う必要があります。

寄附の申込から寄附金控除までのながれ

※ふるさと納税をかたった詐欺などには十分ご注意ください。今帰仁村では寄附をお申込みいただいた方以外に対して、口座を指定して振込みを求めたり、ATM(現金自動預払機)の操作を求めたりすることは一切ありません。

▼寄附金の控除額の計算方法(参考)
夫婦、子供二人で給与収入700万円の場合で試算します。
・所得税の限界税率10パーセント ・住民税所得割額293,500円

@都道府県・市町村に対する寄附した金額(寄附金が他市町村にまたがる場合はその合計額)から2,000円(適用下減額)を引きます。下記は30,000円を寄附する場合です。
 寄附控除対象 → 30,000円−2,000円=28,000円

A @で求めた額に10パーセントを乗じます。(住民税の基本控除)
 住民税基本控除 → 寄附対象額28,000円×10%=2,800円

B所得税の税額軽減額(理論値)を求めます。
年収(概ね)
所得税の控除率
600万円まで
5パーセント
780万円まで
10パーセント
1,200万円まで
20パーセント

※年収700万円で試算しますので控除率10パーセントで計算します。
 所得税の税額軽減額→28,000円×10%=2,800円
    C90パーセントからBの計算の際に用いた所得税の控除率10パーセントを引きます。
     90%−10%=80%

    D @で求めた額にCで求めた率を乗じます。(住民税の特例控除)
     住民税の特例控除→28,000円×80%=22,400円
    ※特例控除額は住民税所得割の1割が限度

    上記の計算から夫婦子二人で給与収入700万円の場合の住民税の控除額は
    A住民税基本控除2,800円+D住民税特例控除22,400円=25,200円
    したがって30,000円を寄附した場合の住民税の特例控除額は25,200円となります。

    ※所得税は寄附を行った年分の所得税が控除され、住民税は寄附を行った年の翌年度分の住民税から控除されます。

    ※住民税、所得税の控除を受けるには、お住まいの市町村役場で住民税の申告、または税務署での確定申告が必要です。
      【ふるさと納税の寄附に関するお問合せ先】
      〒985-0492
      沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地
      今帰仁村役場 総務課 行政係
      電話番号0980−56−2101
      FAX番号0980−56−4270
       【住民税の税控除に関するお問合せ先】
       今帰仁村役場 住民課 住民税係
       電話番号0980−56−2102
       FAX番号0980−56−5559

    PDFファイルを御覧になるには、「Adobe Reader」が必要です。 お持ちでない方は、下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
    ADOBE READER ADOBE READER
    今帰仁城跡
    <<前のページに戻る ▲ページのトップへ戻る
    トップページ著作権・免責事項・リンク個人情報保護方針
    今帰仁村役場:〒905-0492 沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地 TEL:0980-56-2101(代表)
    Copyright(C) Okinawa Nakijin Village. All Rights Reserved.