沖縄県 今帰仁村 ムラ・人・農が織りなすゆがふむら・今帰仁
トップ 新着情報 村の概要 暮らしの手帳 世界遺産 観光情報 イベント情報
<<前のページに戻る
サイトマップ   サイト内検索
 
文字の大きさ: 文字のサイズを大きくします 文字のサイズを標準にします 文字のサイズを小さくします
総合案内
       

村長あいさつ 村長あいさつ
防災・防犯・緊急情報 防災・緊急情報
・災害に備える
・防災マップ
・風水害 ・地震 ・津波
>>警報・注意報(気象庁)
>>不審者情報(県警)
住民へのお知らせ 住民へのお知らせ
広報誌 広報誌
公共施設 公共施設
総合運動公園 総合運動公園
今帰仁村例規集 今帰仁村例規集
統計資料 統計資料
リンク集 リンク集
今帰仁村議会 今帰仁村議会
各課のご案内 各課のご案内
・総務課
・住民課
・福祉保健課
・経済課
・農業委員会
・建設課
・教育委員会
・歴史文化センター・文化財
>>役場組織図
  世界遺産
<<世界遺産トップに戻る

今帰仁城の歴史と伝説:山北の滅亡
[今帰仁城の歴史と伝説・項目]
1:今帰仁城の歴史
 2:山北の滅亡 3:今帰仁城監守 4:伝説に見る今帰仁城 5:今帰仁城内の御嶽と祭祀 6:今帰仁上りの拝所 7:今帰仁城歴史年表
◆山北の滅亡
 ●山北の滅亡

山北の滅亡は1416年(一説では1422年)とされます。『球陽(きゅうよう)』や『中山世譜(ちゅうざんせふ)』によると、攀安知(はんあんち)は武勇にすぐれ淫虐無道(いんぎゃくむどう)であったとされ、その家来の本部平原(もとぶていばら)も極めて力があったといわれます。その軍も勇剛驍健(ゆうごうぎょうけん)で、また城も甚だ険阻で攻撃しにくく、攀安知と平原は中山を攻めることを計画し兵や馬を整えていました。そのことを羽地按司(はねじあじ)が中山の尚思昭(しょうししょう)に伝え、兵を先に動かして攻めることを進言したとされ、続いて国頭按司(くにがみあじ)、名護按司も同様なことを告げ、尚思昭は世子の巴志(はし)に命じて山北を攻めさせたと言われています。つまり、山北側の国頭按司、名護按司、羽地按司は中山軍に組して今帰仁城に攻め入ったのです。

山北の滅亡
今帰仁城跡
<<前のページに戻る ▲ページのトップへ戻る
トップページ著作権・免責事項・リンク個人情報保護方針
今帰仁村役場:〒905-0492 沖縄県国頭郡今帰仁村字仲宗根219番地 TEL:0980-56-2101(代表)
Copyright(C) Okinawa Nakijin Village. All Rights Reserved.